宣伝は大事!店頭POPで顧客をゲットしよう

どの業者に任せるか

本

いつも同じようなものばかりだと感じているなら、カタログ制作業者の変更時期かもしれませんが、それが無理なアイデアを求めたり、デザインを別の業者に頼んだりすると良いです。新しいカタログ制作業者を探す場合は、ホームページを見て、料金や何回チェックできるかの確認が必要です。

読んでみよう

新聞を使って宣伝を

新聞

毎日新聞は全国版と地方版があり、全国に向けて広告を出す場合は料金が高くなります。地方に向けて発信する場合にはリーズナブルな価格になっていますので、使いやすい媒体と言えるでしょう。毎日新聞を読んでいる人に向けて、適切な広告を打ち出しましょう。

読んでみよう

幕を使った販売促進

布

店の売上げアップを実現させる販促グッズの中でも、最も手軽に導入できるのが要弾幕や懸垂幕といった製品です。中でも懸垂幕はトロマットを使った屋内型やターポリン素材の屋外型が主流で、売上げアップや集客効果を発揮します。懸垂幕を業者に注文する際にはデータ入稿式に加え、デザインをオーダーする方式もあります。

読んでみよう

店頭での宣伝方法

カラーチャート

とにかく目立つものを

お店で取り扱う製品の中に『たくさんの方に購入して欲しい』というものがあるならば、店頭POPを利用する方法があります。派手で目立つことができる店頭POPを用意できたのならば、多くの方に一押しの製品を知ってもらえるからです。ただし、人目につく店頭POPを作成するためには、ある程度のコツがありますので、それが分からなければ思っているような効果はでないでしょう。もしも、自身で作成ができないと考えたなら、業者の方にお願いをして、お店に相応しいものを作ってもらうことをお勧めします。広告やチラシなどを作成するデザイン会社が店頭POPに対応している場合が多いので、製品の紹介を適切におこなってくれるところを探しましょう。

専門家のオリジナルティ

店頭POPの作り方は書籍などでも目にすることができますが、そういったものを利用しては本当のオリジナルティをだすことはできないでしょう。店頭POPが印刷されている既製品などを利用して、もしも他店と被ってしまっては逆効果になってしまうことすらあります。その点、専門の会社に仕事を依頼すれば、オリジナルのデザインの店頭POPを用意してくれますので、他店とは違う強みを持つことができるでしょう。作成してもらった店頭POPは、後は飾り付けるだけなので目立つように配置することをお勧めします。なお、印刷だけしかおこなってくれないところもありますので、作り方が分からないというのなら、デザインも提案してくれるところを選ぶようにしましょう。